規則正しい生活を行う|足が変形する外反母趾の悩みはこれで解決|専用の靴で治療する

足が変形する外反母趾の悩みはこれで解決|専用の靴で治療する

規則正しい生活を行う

背中

20代から30代がピーク

女性ホルモンは、一生のうちにティースプーン一杯程度しか分泌されないと言われており、体調不良などの様々な原因で影響を受けやすい傾向があります。20代から30代半ばぐらいがピークになっており、妊娠、出産などに適している時期と言えます。40歳を過ぎると、少しずつ女性ホルモンの分泌量が低下してきて、発汗やのぼせ、いらいら、頭痛や吐き気などの体調の変化が見られるようになります。女性ホルモンの分泌量を増やすためには、朝型の規則正しい生活を心掛けて、緑黄色野菜や果物、魚介類、脂身の少ない肉類、大豆食品などの栄養素をバランスよく補う必要があります。精神的なストレスが多い人は自律神経の働きが乱れやすいので、女性ホルモンを増やすためには良質な睡眠を取りましょう。

更年期にはサプリメント

女性ホルモンを増やすためには、更年期などの体の不調を感じている場合は、低用量ピルなどを処方してもらったり、ホルモン補充療法による治療も受けられます。専門クリニックでは、大変ポピュラーな治療になっており、比較的安全性が高いですが、人によっては副作用が心配な人もおられます。医薬品を服用するのに抵抗を感じる場合はサプリメントなどで補うことも大事です。女性ホルモンを増やす働きのある大豆イソフラボンやプエラリア、プラセンタなどが含まれている商品がお勧めしたいです。植物由来成分で作られている商品は副作用がほとんどなく、安心して服用ができます。生理不順などで悩んでいる人は、チェストベリーや月見草などのサプリメントもお勧めです。