手軽に使用できる|足が変形する外反母趾の悩みはこれで解決|専用の靴で治療する

足が変形する外反母趾の悩みはこれで解決|専用の靴で治療する

手軽に使用できる

足

目に見える

足裏シートは、就寝時などに足の裏に貼ることで効果が期待されるシートです。木酢液や樹液などを利用して製造されていて、その効能から眠っている間に足の裏から出る汗と一緒に老廃物も排出されるという仕組みになっています。これを使用することで足裏シートを貼ることで冷え性や肩こりの改善、体の疲れがとれたり二日酔いにも効果があると言われています。足裏シートは粘着性のテープ状になっているのでフィルムをはがすだけですぐに使うことができます。一晩寝て翌朝起きると、シートは水分を含んでいるのがよくわかるようです。水分の部分は樹液などの色もついているので、寝る前に貼ったときとはあきらかにシートの状態が違っていることがよくわかります。目で見てその変化がわかることで、たまっていた老廃物が出たという実感につながり気分もすっきりするということにつながるようです。

汚れることはある

寝る前に足裏シートを貼ると、シートが寝ている間に出た足の裏の汗を吸い、翌朝水分を含んだシートになっているのがわかります。その感覚もシートを貼ったばかりの時とは異なり、水分を含んで濡れている状態です。それはあまり良い感触とは言い難いようですが、体に必要がないものが排出されたという感じにはなるので、気分爽快と言うこともできるようです。しかし、本当にすっきりできるのは、足裏シートを足の裏からはがしてからということになるようです。粘着部分もべたべたが残ることが多くありますが、含んでいた水分が足の裏に出てきている場合も多いようです。体の中に老廃物が多くたまっていればそれだけ出てくる水分も多くなります。するとシートからはみ出してしまうこともあります。足裏シートをはがすときには、濡れタオルなどを準備してすぐに拭き取れるようにしておくと良いでしょう。